スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

料理人を目指した自分とレストランのオーナー

45 : 夢見る名無しさん : 2012/01/13(金) 05:55:45.30 0
気分転換に掃除をしていたら出てきたので。
大分前の話 もう10年程前になる
当時中学を出たばかり 近くの公立高に進学したかったがお菓子 料理を作る仕事がしたい
と思っていて 高校なんて1ヶ月でやめた そこから親の友人のレストランに
「皿洗いとして使って下さい 給料はいりません その分 開いた時間に仕事風景を見させて下さい」
と。 オーナーは二つ返事でOkと言ってくれた
「皿洗いは忙しいときだけ頼むよ やる気があるなら大歓迎だ 休みが欲しいときはいつでも言ってくれ
まだ若いんだ ゆっくり仕事になれたらいいよ」
と優しく答えてくれた
だが実際行きはじめると1日中皿洗い 必死ですべて片付けて他の先輩の仕事を見ていると
「何突っ立ってんの? 暇なら庭の草むしりでもしてこいよ」
休憩時間には
「新人が休憩とかしてんじゃねえよ 掃除でも やろうと思えばできるだろ?」
実際仕事となればそれが当たり前 まだ16の俺には想像もできなかった理不尽
ある日先輩に反抗した 条件が違う とオーナーにも相談した
でも返ってきた答えは 「嫌なら帰れ」
そんなことを言われ 一言「つぶれてしまえ」と言い残して帰り 次の日からは行かなくなった
当時16歳 完全に仕事をなめきっていた 条件が違うからとすぐにやめてしまった
今だから言えるが当時 すごくその店のことを恨んでいた
それから2年 適当にフリーターをしながら過ごしていた
料理人になりたいなんて夢は忘れていた
毎日 適当にバイトして遊んでの繰り返し
そんな頃 不景気でオーナーの父親の会社が倒産した
父親の土地に店があったらしく 当然経営は続けられなくなった
それと同時にオーナーも病にかかり半年ほどで亡くなった
そんなとき入院中だったオーナーが書いていた日記が出てきたらしい
日記の他にそれぞれ 家族や知り合いに向けた手紙が入っていたらしい
そのうちのひとつは俺の母親宛てのものだった
母親宛てではあるが内容は全て俺に対してのこと


46 : 夢見る名無しさん : 2012/01/13(金) 05:56:14.14 0
「○○君 あの時はすまなかった。 私のせいでこの仕事のことが嫌になってしまったかな
言い訳にしかならないかもしれないが まだ16歳でこの厳しい世界に入ろうとしている子が居たのが
嬉しくて 同時にこれから先やっていけるか不安でいろいろと厳しくあたってしまったね
今はどんな仕事をしているのかな 諦めずに自分の夢を大事にしてほしい

○○(母親の名前) 
自分に子供が居たらもっと○○君のことも考えてやれたのかな
○○君はまだ若い これからどんなやりたい仕事が見つかるかわからないが
彼のしたいことを応援してやってほしい」

手紙を見て言葉が出なかった

すぐにしらみつぶしにレストランの募集広告を見て片っ端から電話をかけた

あれから10年
26歳にして自分の店を持った

これほど努力させてくれたのは 恨んでしかたがなかったオーナーのおかげ。
コメント
コメントの投稿
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。